米国株投資に英語の知識は必ずしも必要ではない

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

2017年は日本株は19.1%の上昇と大きく上昇しましたね。ですが日本株以上にアメリカ株は大きく上昇しましたS&P500は21.7%、NYダウに至っては28%上昇しました。

こういった状況を見て「アメリカ株に投資したい!」という方々も多くいると思います。ですがなかなか投資に踏み切れない人が多いのが現状だと思います。米国株投資に踏み切れない理由の一つとして、「英語が読めない」というのがあると思います。

英語の知識はあればベストだがなくても全く問題はない

「アメリカの株に投資するのであればやっぱり英語が読めなくちゃいけないんだろうな…」

なんとなくそういう風に思っている人たちって多いんじゃないでしょうか?でも待ってください、本当に米国株投資に英語の知識は必要なんでしょうか?

私は必ずしも米国株投資に英語の知識は必要ではないと思います。もちろんあるに越したことはないんですが、投資するうえで必須というわけではありません。

私自身も英語の知識は中1で止まっています。英語が嫌いすぎて、大学受験の際は入試試験の科目に英語がない大学を選んで受験したぐらいです(笑)。それでも日本の証券会社で米国株の口座を開くことができ、ETFや個別銘柄を購入していて利益も出ています。日本の証券会社なのでホームページも当然日本語で構成されているので当然と言えば当然ですが。

日本には優秀な米国株ブロガーがたくさんいる

また具体的な商品・銘柄選びについてですが、例えば以前の記事で紹介した日本の投資信託を購入する場合には英語の知識の必要はありません。日本人向けに作られた商品なので説明書きもほとんど日本語で書かれています。

日本の証券会社で米国株の口座を開いてETF(上場投資信託、証券取引所で自由に売買できる投資信託)を買おうとしている方も、英語の知識は不要だと思います。大手運用会社のETFであれば日本語のページがあるので、それを参考にできます。

また、気になったETFやどんなETFがあるか知りたい時、ネットで検索すれば日本の米国株投資ブロガーがETFを解説してくれる記事が多く出てきます。わかりやすく丁寧に説明してくれるのでこれを利用しない手はないでしょう。

個別銘柄に関しても、NYダウやS&P500に採用されているような大型株の基本的な情報であれば、大体は米国株投資ブロガーが解説してくれています。また、「米国会社四季報」等の書籍も併せて利用するのも手です。

もっと詳細な情報が知りたいときや、小型株・新興株について調べたいときには英語の知識が必要になってくるかもしれません。ですがほとんどの人は米国株投資に英語の知識は要求されないと思います。

米国株投資に英語のハードルはないに等しいです。英語の知識がなくて投資しようか悩んでた人たちも、ぜひ米国株投資へ一歩足を踏み入れましょう!

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
↑ 応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)

スポンサーリンク