バフェット太郎さんの本は投資初心者にぜひ読んでほしい良書!ただし注意点もある

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

先日発売されたバフェット太郎さんの「バカでも稼げる 「米国株」高配当投資」をGW宙に読みました。



すでに多くの方が書評を記事にしているところですが、彼の著書が礼賛されている理由がわからないという方もいらっしゃるみたいなので、毎日バフェット太郎さんのブログを見てる私としてもぜひともこの本の優れた点について述べたいと思い記事にしました。なお私はバフェット太郎さんが書籍を出すとわかってすぐに注文したので自費で買っています。

私がこの著書をオススメする2つの理由

私がこの著書で非常に良いと思った点が2点あります。まず1点目が再現性の高さです。私は以前の記事でどんなに優れた投資手法でも再現できなければ意味がないということを記事にしましたが、バフェット太郎さんの投資手法は誰にでも再現でき、また投資に多大な時間を費やす必要がない点で非常に優れていると思います。

具体的には8~16銘柄の米国の連続増配・高配当株に毎月定額投資と配当再投資をしつつ、各人のリスク許容度に応じて債券やS&P500に連動するインデックス投資も組み入れるという手法は、誰にでも真似が出来、また非常にわかりやすい手法だと思います。

2点目が、初心者向けにわかりやすく構成されているということです。米国株投資といえばジェレミー・シーゲル教授の「株式投資の未来」がバイブル化していますが、投資初心者が読むには内容が少し難しく、とっつきにくい内容だと思います。

ですがこの本はそうした投資初心者を意識してか、導入部分は漫画で構成されています。それにしても漫画のバフェット太郎さん、イケメンですね(笑)イケメンメガネの毒舌キャラで漫画を進めていったらそれはそれで面白い展開になりそうですがその分ページが多くなりそうですね。

話がそれました。米国株投資初心者向けの書籍は今まで無いに等しかったと思いますが、このバフェット太郎さんの本は投資初心者向けにくだけた表現で、具体的な投資手法からメンタル面についてまで両面からわかりやすく解説されています。

それでいて投資における重要なポイントがギュッと濃縮されているので、投資初心者に限らず投資歴が長い人にとっても非常に参考になると思います。

内容の濃さでいったら「株式投資の未来」のほうが濃いのかもしれませんが(偉そうなこと言ってスイマセン)、投資にそんなに時間を費やしたくない!という人にとってはこの1冊で十分だと思います。

この本を読むにあたっての注意点もある

ここまでこの著書の優れた点について挙げてきましたが、注意点もあります。それは著書の帯にもある「2年で1千万円」という利益額はあくまで毎月50万円を米国株に投資できるバフェット太郎さんだから出来る芸当であって、その他大勢の人にとってはほぼ不可能だということです。

その事実を知らずにここの表現を見てしまうと、投資初心者は「米国の連続増配・高配当株に投資すればたった2年で1千万円も儲けられるのか!」と勘違いしてしまう恐れがあると思います。

興味を引くためだとは思うんですが、ここの表現はどうにかならなかったんでしょうか?手っ取り早く儲けたい層がこの著書に書いてある方法を実践して、「話が違う!」という風にならなければいいんですが…

とはいえその10分の1の5万円でも2年で100万円利益が出るならそれはそれで好成績だと思いますけどね。

「日本一アンチが多いブロガー」は伊達じゃない

こうした点を踏まえても、米国株に興味ある人や初心者が最初に読む本としては非常に優れた本だと思います。投資に興味のある人にはぜひとも勧めたい本ですね。それにしても…

このアマゾンのレビュー、本当にバフェット太郎さんはアンチが多いんですね(笑)日本一アンチが多いブロガーというのもあながち嘘ではないかもしれません。ただ彼に対しての批判は的外れなものが多いので(おそらく読んですらいない、もしくはクソダサい投資家側の人なのでしょう)そのうち記事にしたいと思います。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
ランキングサイトに参加しています。クリックして頂けると大変うれしいです(^^)

スポンサーリンク