XLV(ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR® ファンド)を分析してみた!

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

私の米国株投資の中核をなしているETFの分析の第2弾として、XLV(ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR® ファンド)を取り上げたいと思います。

ちなみになぜ私がXLVを購入した理由については、よければ下記の記事を見てみてください。

XLV(ヘルスケア・セレクト・セクター SPDR® ファンド)分析

1 設定日
1998年12月16日

2 投資対象
米国に上場しているヘルスケア関連の銘柄

3 ファンド純資産総額(2018年7月5日現在)
154.4862億ドル

4 構成銘柄数(2018年7月5日現在)
63

5 PER(株価収益率)(2018年7月5日現在)
15.98倍

6 PBR(株価純資産倍率)(2018年7月5日現在)
3.91倍

7 株価のパフォーマンス(年率、2018年5月31日現在)
・10年間 11.84%
・設定来(1998年12月16日から) 8.01%

極めて優秀なパフォーマンスですね!およそ20年の期間において毎年8%のパフォーマンスを上げており、かつディフェンシブ性があるのは非常に魅力的です。

8 経費率(年間の維持費)
0. 13%

ヘルスケアセクターのETFは他にも存在します。参考までに他のヘルスケアセクターのETFの経費率を載せておきます。

・VHT 0.10%
・IXJ 0.48%

IXJが他2つのETFより頭1つ抜けて維持費が高いですね。IXJは米国以外の銘柄も組み入れているので、VDCの時と同様米国以外の銘柄も組み入れていると経費率も高くなってしまうんでしょうか。

8 保有上位10銘柄
1位 ジョンソン&ジョンソン 10.16%
2位 ユナイテッドヘルス・グループ 7.30%
3位 ファイザー 6.54%
4位 メルク 5.03%
5位 アッヴィ 4.34%
6位 アムジェン 3.79%
7位 メドトロニック 3.53%
8位 アボット・ラボラトリーズ 3.26%
9位 ギリアド・サイエンシズ 2.87%
10位 ブリストル・マイヤーズ・スクイブ 2.77%
(総額に占める上位10銘柄の割合 49.59%)

保有割合1位はジョンソン&ジョンソンとなっています。私は個別株でもジョンソン&ジョンソンを保有しているのですが、非常に魅力的な銘柄だったので個別銘柄としても保有したいと思い購入しています。

9 産業別の構成比率
医薬品 31.17%
ヘルスケア・プロバイダー/ヘルスケア・サービス 22.45%
ヘルスケア機器・用品 21.70%
バイオテクノロジー 18.04%
ライフサイエンス・ツール/サービス 6.04%
ヘルスケア・テクノロジー 0.60%

10 直近1年の分配金利回り(2018年7月6日現在)
1.46%(源泉徴収前)

分配金利回りは私ローンウルフが自分で計算しました。うーんかなり分配金利回りとしては低いですね。やはり研究開発費等の費用が莫大にかかってしまうからでしょうか?

XLVはディフェンシブ性を備えた超オススメETF!

過去の歴史上、ヘルスケアセクターはS&P500の指数を上回っていたという事実があり、またシーゲル教授推薦のセクターでもあります。我々は生きていく限り必ず病気にもけがにもなります。その時こうしたヘルスケア産業が提供する設備や薬は必ず使われ続けます。

ヘルスケアセクターへ個別銘柄で投資するとなると、どうしても当たりはずれが出てくると思われます。そんな時、セクターごと買えるXLVはとても頼りになります。

不況期にも下げにくい性質を備えたヘルスケアセクターに投資するXLVは、長期的に資産を築く上では個人的にも超オススメできるETFです。みなさんもぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ 株 中長期投資へ
にほんブログ村
↑ 応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)

スポンサーリンク