ランダム性を味方にせよ!~反脆弱性を用いて不確実な世界を生き延びる~

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

株式投資をしているうえで避けられない、相場の下落局面。おそらく多くの人が株価の下落が起きた時の対応策について考えていると思います。

悩ましいのが個別の材料に基づいて株価が下がったのではなく、相場全体が下落した時の対応策です。その際の有力な策として、損切を想定している人は多いと思います。

確かに損失をこれ以上防ぐという意味では、損切は相場全体の下落に対して有効な策と言えるでしょう。しかし私自身は損切以上に有効な策があると考えています。

「反脆弱」という概念

ナシーム・ニコラス・タレブはその著書「反脆弱性 不確実な世界を生き延びる唯一の考え方」の中で、世の中の物や事象は外部から与えられるストレスやランダム性に対する反応に基づき、3つのカテゴリーに分類できるとしました。その3つとは以下の3つです。


・脆弱
・頑健
・反脆弱


 

タレブはこの3つのカテゴリーを「三つ組(トライアド)」と呼び、「脆弱」は平穏を求め、「頑健」については何事にもあまり動じない、「反脆弱」については無秩序を成長の糧にするものとしました。

例えばガラスのコップを壁に投げつけた場合、コップは粉々に割れてしまいます。これが脆弱、つまり脆いものです。

頑健なもの、例えば同じコップでも鉄製の物であれば壁に投げつけても割れることはありません。これが頑健なものです。

残り1つの「反脆弱」については、ストレスを与えられることにより逆にその対象が強くなる事例をさすわけですが、先ほどのコップの例だとイメージがわかないと思います。壁に投げつけるたびに頑丈になるコップなんて存在しませんからね。

別の身近な事例に例えるならば、筋力トレーニングをあげることが出来ると思います。人は筋力トレーニングによって体に強い負荷を与えることにより、筋線維が破壊されます。

しかしその筋線維が回復する中で、筋肉は筋力トレーニングにより壊れる前よりも強い筋肉が再生されます。いわゆる「超再生」というやつですね。

また小さな失敗というストレスが、逆に大きな成功の糧になることもあります。こうした事象も「反脆弱性」を備えているといっていいでしょう。

「反脆弱」を株式投資に当てはめる

翻ってこの考え方を株式投資に当てはめてみたいと思います。

株式投資においては、何も対策をせずに外部からのストレスにさらされた場合、ただ単に損失が膨らんでいくだけです。個別株の場合は最悪の場合、倒産してしまいます。これは外部からのストレスに対して「脆弱」であるといえるでしょう。

続いて「頑健」についてですが、私は株式投資における頑健の反応を示す代表的なものとして、損切を挙げたいと思います。損切は厳密に行えば、損失を一定程度の範囲内に抑えることができるからです。

株価の下落というストレスに対して、損切するという行為は頑健さをそなえており、決して悪くはないと思います。しかし損切は外部からのストレスをネガティブなものとして捉えているため、対策としては不十分だと思います。

不確実性を生き抜くためには、頑健さよりも反脆弱性を備えたストレスをプラスに持っていけるような策が必要であると思っています。その策がディフェンシブな投資手法であると私は考えています。

ディフェンシブ性を備えた銘柄を保有していれば、株価市場全体の下落はむしろ市場平均を上回るチャンスになり得ます。

またフルインベストメントせずに投資余力を残すような手法は、株価の下落は株式を安く購入できるチャンスとなり、株価の下落をむしろプラスに捉えることができます。

反対にフルインベストメントをしていた場合には、相場のストレス性がそのまま直撃するにも関わらず、何も手を打てないことになってしまいます。

またもっと直接的に利益を受けることができるものに、プットオプション買いがあります。

プットオプション買いはすごく簡単に例えてしまうと、株価の下落に対する掛け捨て保険(ただし時間が経つにつれ、株価の下落時にもらえる保険金はどんどん減ってしまう)のようなものです。

株価の暴落が起きた場合、オプション価格は数十倍に跳ね上がるような驚くような値動きを見せます。プットオプションについて、詳しく知りたい方は過去に記事にしているのでよければご覧ください。

株価の下落をむしろポジティブに捉えることが相場で生き残るために必要だ

株式市場において長く生き残るためには、相場の不確実性に対しその不確実性をネガティブなものとしてとらえるのではなく、むしろポジティブに捉えるという逆転の発想が求められると思います。

そうすればブラックスワン、つまり事態が起こる可能性が極めて低いが、それが起きたら甚大な影響を与える事象に遭遇したとしても生き残ることができるのだと思います。

皆さんにもこうしたストレスをむしろプラスに持っていくという発想を、株式投資はもちろんのこと実生活でも持ってもらいたいと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク