QQQを再び臨時購入!極端な弱気相場ではむしろ買いを入れよう

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

何度も繰り返し話していますが、私はアメリカ株投資においては毎月1回ETFを、3か月に1回個別銘柄を購入しています。

それとは別に、S&P500が最高値から10%下げたら個別銘柄を臨時購入し、以下5%刻みで最高値から下がっていったらその都度臨時購入をしており、20%以上下げたら購入対象をハイテク系のETFであるQQQ(インベスコ QQQ トラスト シリーズ1 ETF)を購入することとしています。

そして今回、S&P500が最高値から30%以上下げたため、再びQQQを購入しました。

現れてしまったブラックスワン

当ブログで私は、再三にわたって長期上昇相場における過剰なリスクテイクについて警鐘を鳴らし、ブラックスワン、つまりそれが実現してしまった場合に甚大な影響を与える事態について常に備えるべきであると主張してきました。

 

しかし私のこのような主張に対し、

 

「タラレバなんて気にしたってしょうがない」

「上昇相場に乗れていない人が嫉妬しているだけ」

「儲けることを考えていない」

 

などと言われ続けました。

しかし2月下旬ごろから株価は急速に下落。S&P500指数は直近の高値から3割以上下落。残念ながら「ブラックスワン」は出現してしまいました。

ブラックスワンを軽視し、儲けることしか考えていなかった人たちに市場は洗礼を浴びせました。そう、結局は「今回も同じ」だったのです。

弱気相場の中の過剰に弱気な意見に惑わされるな

これまで私は、皆が強気一辺倒の時にはリスクシナリオが軽視されやすくなると主張してきました。

しかし今これとは逆のことが起きようとしています。皆が弱気一辺倒になり、悲観的な意見が市場を支配しつつあり、将来の株価上昇に対して極めて悲観的になっているのです。

強気相場の中の過剰な強気意見が当てにならならなかったように、弱気相場の中の過剰な弱気意見によって投資判断を下さないほうがいいと思います。

なぜならよく言われる「株式投資の実質リターンは平均で約7%」とは、こうした下落相場においても株式保有を続けることにより、やっと達成できるリターンだからです。過剰な弱気意見に影響を受け、市場から離れてはなりません。

むしろこうした極端な弱気相場はいつもより買いを入れる局面だと思います。

とはいえやみくもに株式を買い続けるのもオススメしません。1週間おき、2週間おきなどある程度購入タイミングを分散させるべきでしょう。

買いのタイミングを分散させるにあたり、今からさらに株価が下がっても安く買えるからラッキー、株価が戻れば損失が減ってラッキーというように、株価がどっちに転がっても良い方向につなげるという発想が、こうした強烈な下落相場で生き抜くために必要であると私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク