楽して稼ぐのも苦労して稼ぐのもどちらも間違いではない

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

世の中には「楽して稼ぐのはけしからん!」という考え方の人もいれば、「苦労して稼ぐのは間違った金の稼ぎ方だ」という人もおり、両極端な考え方を持っている人が少なからずいます。

しかし私は、楽して稼ぐのも苦労して稼ぐのもどちらも間違いではないと思います。

はっきりいって楽して稼ごうが苦労して稼ごうが当人さえ満足していればそれでよいと私は考えます。

大切なのは稼ぎ方よりも当人の満足度

もし同じ金額を稼ぐ場合に、楽してお金を稼ぐことが出来たとしてもそれが当人が納得いかず、また楽しくもなくむしろストレスを感じるのであればそれを持続させることは困難を伴うでしょう。

反対に苦労して稼いだとしても、本人が納得の上でそれが楽しくてたまらないというのであれば、それはそれで望ましい稼ぎ方と呼べるのではないでしょうか?

大切なのは稼ぎ方よりも、当人の満足度なのです

あなたが得た収入はどれも等しく尊い

あなたが働いて得た給料も、配当金として受け取ったお金も、YouTuberが動画で稼いだお金もどれも等しく尊いです。

ですからあなたが得た株式の配当金について第三者から「楽して稼ぎやがって!」と言われても気にすることはありませんし、あなたが働いて得た給料について「苦労して稼ぐのは間違っている」と言われても気にする必要はありません。

「お金に色はない」のです。犯罪や詐欺的手法を用いない限り、あなたの収入を否定するいわれはありません。

繰り返しますが、大切なのは稼ぎ方よりも当人の満足度であり、それがあなたにとっていかに腑に落ちるかのほうが重要です。これを軸にしないと、お金に振り回された生活を送ることになってしまうと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク