2020年に読まれた記事TOP5を発表します!

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

このブログの昨年1年間の総括ということで、2020年の1年間で当ブログで見られた記事TOP5を公開したいと思います。

ちなみにこのブログは(一応)投資ブログにもかかわらず、去年と一昨年の読まれた記事の1位は生活保護関連の記事でした。やっぱり生活保護に関する情報に対してはニーズが根強いんですね。

今年も1位は生活保護関連の記事なのか?その結果を発表しますのでどうぞご覧ください!

2020年に読まれた記事TOP5

第5位 正式に地方公務員を退職。セミリタイア生活に突入します!

 

私が昨年地方公務員を正式に退職した際に書いた記事が第5位に入りました。もうすぐ退職してから半年が経つわけですが、半年経った今でも退職するという決断は正解だったなと思っています。

仕事のストレスから解放されるという喜びは何物にも代えがたいということを日々実感しています。


 

第4位 生活保護費の不正受給はこうしてバレる!

 

やはり生活保護に関する記事が今年もランクインしてきました。ちなみにこの記事は2017年の12月に投稿していて、投稿から3年以上経過しています。生活保護、特に不正受給の情報に関しての需要の根強さを実感しますね。


 

第3位 バフェット太郎10種とS&P500の運用成績を2006年から比較してみた

 

バフェット太郎10種とS&P500の成績を比較した記事が第3位にランクインしました。

昨年YouTubeも始め、またオリエンタルラジオの中田敦彦さんの動画の中でも著書「バカでも稼げる 「米国株」高配当投資」が紹介され、ますます知名度を上げているバフェット太郎さん。

そんな彼のポートフォリオの成績が気になる人が多いのか、多くのアクセスを集めました。「バフェット太郎10種」で検索するとこの記事が上位に表示されるので、検索による流入を多く呼び込むことが出来ました。


 

第2位 【報告】異動が叶わなかったので地方公務員を辞めることにしました

 

私が退職を決断した際の記事が第2位に入りました。やはり退職という大きな決断をした際の話というのは注目を集めるようですね。

おかげさまでせどりの収入も順調に増えています。セミリタイアに関する情報についてはこれからも定期的に記事にしていきたいと思います。


 

第1位 米国高配当株投資家へ朗報!課税面で不利にならない方法があった!

 

配当所得において、課税上不利にならないような申告の仕方について解説した記事が第1位となりました!

よく「アメリカの株式からの配当所得は課税上不利」という情報を見かけていたのですが、実務者として税にかかわっていた私から見れば、申告の方法や所得金額によっては不利になるどころかむしろ有利になるのになぁと思っていたので、その誤解を解く一助になればと思ってかなりの労力を費やして書き上げました。

内容を間違えていたらまずいので、現役の税務担当にも内容を確認しながら書きました。もちろんその人にはブログ記事にするためとは言ってませんけどね。

当ブログでは最長の6600文字の長文となり、内容もちょっとわかりづらいかもしれませんが、確定申告の時期が迫ってきた今、もう一度記事の内容をご覧になってみてはいかがでしょうか?

また昨年のランキングについてもリンク先を残しておくので、興味のある方はどうぞご覧ください。

他の人に書けないような内容の記事がアクセスを集めやすい

昨年に引き続いて思うのは、やはり他の人が書けないような内容の記事はアクセスを集めやすいなぁということです。

特に退職に関しての記事はその人独自のオンリーワンな話なわけですから、需要も大きかったのかなと思っています。

来年も引き続き自分にしか書けないような記事を多く書いていければいいなと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク