iDeCo(イデコ)の損益計算書を公開します【2020年末時点】

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

当ブログにおいてはその節税効果の高さから、iDeCo(個人型確定拠出年金)を長期的資産形成の手段として推奨しており、私自身もiDeCoを利用しています。

それに合わせて2017年よりiDeCoの運用成績を公開しています。ちなみに下記の記事は昨年の運用報告記事です。

 

先日預入先から取引状況のお知らせが届いたので、今年も運用状況を記事にて発表したいと思います!

2020年末のiDeCo(個人型確定拠出年金)の損益状況

 

私はメインの口座を株式で運用していることもあり、iDeCoは「三井住友DC外国リート楽天DC」一本で運用しています。

2020年末時点の手数料を加味した評価損益は、5,791円のマイナスとなっております。率に直すと1.05%のマイナスです。なおiDeCoでの運用は2017年4月から開始しています。

株式市場はコロナ後の高値を更新しているものの、依然として不動産市場は世界的にもコロナ前の高値を更新しておらず、それが私が投資している投信の運用成績の低迷にも響いているようです。

思いのほか負担の大きい手数料

口座開設時に2880円の手数料がかかっているんですが、それを差し引いても7,340円と手数料負担は結構重たいですね。

なお過去に記事にもした通り、私は地方公務員から自営業になるに伴い、iDeCoの掛金の金額を変更しました。

 

以前は毎月12,000円を拠出していたのですが、それを3か月に1回(3月、6月、9月、12月)6万円を拠出するように変更しました。

毎月の掛金拠出時にその都度手数料が取られてしまうため、拠出する頻度を毎月から3か月に1回に変更したのです。

手数料負担を減らしたいという方は、掛金の拠出頻度を少なくするという方策をとってみてもいいのではないかと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク