マイ米国株ポートフォリオ VS S&P500(VOO)【2021年9月末】

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

今月も私の米国株ポートフォリオと市場平均(VOO)の成績比較を下記のルールのもとに行います。

・ETFや個別銘柄と同じタイミングでVOOを購入したものとする
・VOOの購入価格はその日の終値
・売買代金が1,111ドルを上回る最初の売買株数で購入
 (例 株価が200ドルの場合、6株購入)
・比較はドル換算
・資産額は配当再投資後・VOOの配当再投資は私が再投資したタイミングと同じ日に再投資したものとする

以上の条件を参照の上、2021年9月末時点の私の米国株ポートフォリオとS&P500(VOO)の成績比較記事をご覧ください!

マイ米国株ポートフォリオ VS VOO(2021年9月末時点)

〇 マイポートフォリオ

・購入価格 90,962.57ドル → 現在価格 116,535.51ドル 増減率 28.11%

〇 VOO

・購入価格 97,015.35ドル → 現在価格 143,956.0ドル 増減率 48.38%

以下の表はVOOと私のポートフォリオの増減率の推移です。

次は上記の増減率の推移をグラフにしたものです。

上記の表とグラフを作成する際の各銘柄の購入価格と現在価格の比較は以下の通りです。

最後に10月1日時点の私が保有している個別銘柄とS&P500の予想PERです。個別株の予想PERはアメリカのYahoo!Financeを、S&P500についてはWSJを参照しています

先月と比べてDISのPERが大きく切りあがりましたが、これは株価上昇によるものではなく予想EPSが下がったことにより起こったものです。

久々の下げ相場

9月は久々の下げ相場となりました。それにともなって私のポートフォリオと市場平均の差は少し縮まりました。

ただ正直言うとこれまでの上昇相場で大きく水をあけられてしまったので、もう少し成績差が縮まってほしかったなというところです。

ここから本格的に調整入りするのかはわかりませんが、その際には私のポートフォリオの特性がより発揮されてさらに成績差が縮まればなと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク