ポジションは言葉以上に物事を語る

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

ある人の投資に対する考え方を探る際に、通常はその人が発する言葉に着目すると思います。ですが私としては、言葉以上に重視しているものがあります。それはその人が保有しているポジションです。

ここでいうポジションとはその人の資産内における現金比率、アセットアロケーション、具体的な保有銘柄を指しますが、私はこうしたポジションの状況の方がその人が発する言葉より物事を語っていると考えています。

ポジションは言葉以上に物事を語る

例えばある人が「リセッションをヤバいものだと考えるのでは一般人と同じ、投資家ならリセッションが来たら喜ぶぐらいでないとダメだ」と言ったとします。

確かに言葉だけを見たら正しいことを言っているように見えます。市場も景気も落ち込んで皆が悲嘆に暮れている時の方が株の買い時としてはいいと思います。

しかしそう言っている張本人がリセッション懸念で相場が大きく下落した後に株式のポジションの比率を大きく下げて現金比率を高めていたらあなたはどう思うでしょうか?

言っていることとやっていることが違うのではないかと感じるはずです。強気の言葉とは裏腹に、実際は当の本人がリスク回避的な行動をとっているわけですから。

実際の損益はポジションに現れるので、その人の投資態度や思想を計るのであれば言葉よりもポジションを見たほうがいいと思います。

また「ビットコインは希少性があるからまだまだ価格が上がる!500万円は通過点だ!」と言っている人がいたとします(ビットコインの価格が大きく上がっていた時はこんなことを言う人を良く見かけましたが)。

そう主張している人が実際にビットコインにそれなりにポジションを張っていれば確かにその人が本当にそう信じているんだなと思えると思います。

しかしビットコインへの投資の有望性を主張していながらポジションを持っていない、または持っていたとしても1%にも満たないハナクソ程度のポジションであれば本当にそう思っているかどうか疑問に思うことでしょう。

ましてやその主張の後にビットコインを買うための口座開設のアフィリエイトのリンクがあれば、その人はビットコインの価格が本当に上がるとは思っておらず、自分のアフィリエイト収入のために煽り立てているだけなんだなということがわかると思います。

言葉よりその人のポジションを見よう

このように、言葉ではなくポジションを見ればその人の本音が見えてくるのがわかると思います。ポジションは言葉以上に物事を語るのです。

また普段はほとんどポジションを公開しないのに、上手く行った時は後出しじゃんけんでポジションを公開して上から目線で相場を語る人もいますが、普段はその人の本音が現われるポジションを隠しながら語る言葉ははっきり言ってあまり参考にならないと思います。

見るべきは言葉よりもポジションです。極端な話、その人が何も言葉で語らなくてもポジションさえ公開していれば、その人がどういう考えでもって取引に臨んでいるかをある程度推測出来ます。

保守的なポジションを組んでいればその人はこの先の相場を弱気に見ているということがわかりますし、反対に攻撃的なポジジョンを組んでいればその人はこの先の相場に対して強気なんだなということがわかるわけです。

さらに前者の場合を考えると普段から保守的なポジションを組んでいる人は相場の下落にあらかじめ備える投資スタイルなんだなという事がわかりますし、局面によって投資先を変える人であれば中短期的に相場を弱気に見ているということがわかります。

もしあなたが他の人の意見や思想から学びたいのであれば、その人の語る言葉と同じかそれ以上にポジションを見ることがより学びに役立つのではないかと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク