2020年4月末時点の私の米国株ポートフォリオ

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

歴史的な下落相場となった3月とは打って変わって、強烈な戻し相場となった4月。私のアメリカ株ポートフォリオもそれに伴い資産価格は大きく上昇しました。

具体的な内容について今月もくまなく公開したいと思うので、ご覧ください!

2020年4月末時点の米国株ポートフォリオ

〇 現在高

 

〇 損益額

・総投資額(日本円) 7,518,152円

・現在額(配当込)  7,541,560円

・損益額         +23,408円

・先月比損益額     +748,619円

・損益率           +0.31%

市場全体の反発の影響を受け、先月分のマイナス額のほとんどを取り返し、一気に損益をプラスにまで持っていくことが出来ました。

〇 銘柄比率

4月から購入するとしていた新規購入銘柄ですが、4月になってもバリュエーションが高いままであったので5月に再び延長しました。何度も購入を延期してしまってますが(汗)、来月こそ購入したいと思います!

〇 売買履歴

4月は毎月の個別銘柄購入は3Mを、3か月に1度のETF購入はVDCを購入しました。

なお普段は毎月購入はETF、3か月に1度の購入は個別銘柄としているのですが、比率調整のために一時的に逆にしています。詳細は過去の記事をご覧ください。

〇 配当総額(源泉徴収前、単位はドル)

VDC 700.23
XLV 551.07
IJR 222.23
JNJ 271.66
MCD 255.31
MMM 246.5
DIS 109.56

総計 2356.56ドル

4月は以下の配当金受け取りがありました。

・IJR 43.82ドル

早くもプラスに転じた私のポートフォリオ

3月は10%近くの含み損を負い回復にも時間がかかると思われましたが、わずか1か月でプラスに転じることが出来ました。

株価の下落局面においても感情を捨ててルール通りに取引できたおかげでプラスに持ち込むことができたのかなと思っています。

また先月のようなボロボロの状態から一気に回復するという過程を見せれたので、どんな局面でも希望を捨てず、むしろ積極的に買い進めることが大切であるということを実際にお見せすることが出来たのかなとも思っています。

こうした回復の局面は、自分の投資損益を隠してしまうと見せることが出来ません。私はどんなにマイナスの局面に陥ろうとも、たとえ自分に不利な情報であってもこれからも投資損益を公開し続けようと思います。

またこうしたリアルな損益を公開することは、個人の投資ブログの強みであると思っています。アナリストや評論家には真似できないまさに身銭を切った情報発信です。

これからも生の声をお届けすることにより、株価暴落局面における「真夜中の太陽」になれればと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク