ゆるい糖質制限を始めてから1か月後の状況

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

先月私は、ゆるい糖質制限を始める旨についてブログ記事にてお伝えしました。

 

そもそもゆるい糖質制限を始めるきっかけとなったのが、今年の12月20、21日にかけて私の好きなUVERworldのTAKUYA∞と一緒に走る機会がおそらく設けられると思うので、その日にむけて体を作っていこうということで糖質制限を始めました。

なお2年前の同じ日にも走ったことがあるのですが、その時のことについては過去に記事にしているのでよければご覧ください。

 

そしてゆるい糖質制限を始めてから1か月が過ぎました。糖質制限を始めてから1か月経過した後の今の私の肉体の状況について、記事にて報告したいと思います。

ゆるい糖質制限を始めてから1か月経過後の状況

ちなみに私の肉体の状況を測定するにあたっては、オムロンの体重・体組成計を利用しています。

元々この製品は2014年に購入して以降、不定期に自分の体重や体脂肪率を量っていたのですが、今回ゆるい糖質制限を始めてからはおよそ2、3日に1回自分の肉体の状況を調べています。

制限を始める前日の9月20日と、そのおよそ1か月後の10月22日の測定結果を比較したいと思います。

測定したうち、公開するのは以下の5項目です。

・体重
・体脂肪率
・BMI
・骨格筋率
・体年齢

 

上記項目について、1か月間でどのように変化したのかを公開しますのでそれではご覧ください!(ちなみに私の身長は170cmです)

 


 

・体重 58.2kg → 57.0kg

・体脂肪率 18.4% → 17.6%

・BMI 20.3 → 19.8

・骨格筋率 37.4% → 38.2%

・体年齢 25歳 → 23歳


 

いずれの数値も少しずつ改善しています!体脂肪率が減って骨格筋率が増えるというのは理想的な進み方ですね。

ゆるい糖質制限を始めてから1週間ぐらいで少しお腹周りがすっきりし始めたなというのは実感していました。それが数字にも表れていますね。

ゆるい糖質制限を始めてから1か月後のランニングのタイム

と、ここで終わらせては体脂肪を落としただけで終わりになってしまいます。なにも私は糖質制限をしてただ単に痩せただけの体になりたいわけではありません。あくまで10kmのランニングのタイムを上げるのが最終的な目標です。

ですのでランニングのタイムについても糖質制限を始める前と始めた後の比較を行いたいと思います。

ちなみに私は10kmのランニングのタイムを測定するのにNike Run Clubというアプリを利用しているので、そのスクリーンショットを載せたいと思います。

まずはゆるい糖質制限を始めた翌日の9月22日時点のスクリーンショットを載せるのでご覧ください。

 

続いてその約1か月後の10月20日の10kmラン時のスクリーンショットを載せるのでご覧ください!

10kmのランのタイムは58分11秒から54分32秒へとおよそ3分半短縮、1キロ当たりでは22秒タイムが縮まりました!

タイムを見る限り成果が出ていますね。ただ正直に言うと私は暑い時に走るのがとても苦手で、9月22日の時点ではまだ少し夏の暑さが残っており、少なからず走りに悪影響を及ぼしていました。

ですから糖質制限によって体が少しだけ締まった影響もあるかもしれませんが、それ以上に暑さが和らいだことによる影響のほうが大きいというのが実態かなと思っています。

残り2か月もゆるい糖質制限を続けます

ひとまず体もランのタイムもそれなりに結果がついてきているので、このままゆるい糖質制限を続けたいと思います。

つまり夜は基本的に炭水化物を取らない、スイーツ類は3日に1回しか食べない、お酒は週1回まで、という制限を続けるということです。

ちなみにお酒は結局1か月間全く飲まなかったので、12月21日までは人付き合いで飲むとき以外は一切お酒を飲まないようにします。

またスイーツについては3日に1回食べるというのを、4日に1回にして食べるのもトレーニングをする日に限定したいと思います。

あまり大差はないのかもしれませんが、余計な糖質を取らないようにしてさらに体を引き締め、ランニングのタイムを上げることにつなげていきたいと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク