いちごホテルリート投資法人を買い増ししました

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

先週3月2日(水)にいちごホテルリート投資法人を買い増ししました。買い増しは1口のみで、NISA口座を利用して買い付けました。

 

今回の記事では、いちごホテルリート投資法人を買い増しした理由についてお話したいと思います。

いちごホテルリート投資法人を買い増しした理由

いちごホテルリート投資法人を購入した主な理由自体は基本的に初回投資時と変わっていません。詳しく知りたい方は新規購入時に書いた記事をご覧ください。

 

購入理由としては、前回と同じく一般NISAの枠を埋めたかったというのが大きいです。リートの分配金は高利回りになるものが多く、分配金が非課税になるNISAとは相性がいいです。

その上で少し付け加えておきたいのは、今のタイミングでいちごホテルリート投資法人を買い増ししたのは国内のコロナウィルス新規感染者数が減少傾向になったということが大きいです。

上記は2022年3月4日時点の日本国内の新型コロナウィルスの新規感染者数の推移を表したものです。ご覧のとおり、新規感染者数は頭打ちになって減少してきたのが見て取れると思います。

ただ一部地域では下げ止まったりむしろ感染者数が再び増え始めている自治体もありますが、全体としては減少傾向ですし、再び増えたとしても社会的に与える影響も限定的になるだろうと考えて購入に踏み切りました。

今の状況が悪くなる確率よりも良くなる確率の方が高いと考え、また悪くなったとしても大勢は変わらないと考えて良くなる確率にベットしたのです。

なお前回購入時の予定分配金利回りはおよそ1.5%でしたが、今回購入時は約2.2%と前回購入時よりも好条件となっています。

コロナウィルス感染拡大直前の分配金の8割程度に回復しただけでも10%を超える利回りになるので、将来を見越せばかなりいい投資先になるのではないかと思っています。

出来るだけ確実なものに投資していく

ロシアによるウクライナ侵攻という今の時期に投資をすることに対しては疑問をお持ちの方もいるかもしれません。

ただ私としては前述のコロナウィルスの感染が収まりつつあるという状況を逃したくないという思いがありました。

今のように相場がとても不安定な時期は、分配金という確実に得られる可能性が高いものを選好していくことはそれなりにいい手なのかなと考えています。

またホテルREITの場合、オフィスや物流施設のように賃料を長期契約で決めるのではなく、分配金の原資である宿泊料を簡単に上下できるため、現在起きているインフレにも対応しやすいのが魅力なのかなと思っています。

相場全体の影響で一時的に投資口価格が大きく下がる局面があるかもしれませんが、あくまで分配金に着目し、むしろそうした局面が来たら再度買い増ししようかなと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク