2021年も夏季時上昇銘柄狙いのアノマリーを実践します!

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

これまでの投資戦略の紹介の中で私はアノマリー投資、つまり株価の季節性に着目した取引を行っている旨を話し、ブログの中でその実践結果について何度か記事にしています。

そのアノマリー投資の1つとして、夏場になると上昇しやすい銘柄を春ぐらいにあらかじめ仕込んでおき、いざ夏場になったら売却するというアノマリー投資を行っています。

この取引はブログを始める前の2016年から行っており、今年で6年目になります。そして例年通り、今年も夏季時上昇銘柄狙いのアノマリー投資を実践したいと思います!

驚きの好成績を上げている過去の取引

初めて聞く人は「そんな単純な取引で本当に好成績を上げられるの?」と思うかもしれません。論より証拠、これまでの投資成績を公開しますのでご覧ください。

 

過去の取引においては月平均の日経平均株価の上昇率が0.66%であったのに対し、夏季時上昇銘柄は3.09%となんと2.43%も日経平均株価の成績を上回っています。さらに実践した5年間すべての年で日経平均株価を上回る成績を残しています。

夏場に値上がりしやすい銘柄を春先に仕込むだけでこれだけの好成績を上げられるのは驚きとしか言いようがないですよね。

なおこの夏季時上昇銘柄のアノマリー取引は2018年の取引からブログで公開を始め、その取引結果をスクリーンショット付きで毎年公開しています。

ちなみに下記の記事は昨年の実践結果です。本当に取引をしているのか気になる方はご覧下さい。

今年も昨年と同じ3銘柄を購入します

夏季時上昇銘柄については昨年と同じ銘柄を対象としました。富士通ゼネラル、フマキラー、伊藤園の3銘柄です。

売買タイミングは過去の成績を参考に決めています。具体的な銘柄ごとの売買タイミングは以下の通りです。

 

そして実際に以下の通り購入しました!

 

例年よりやや投資金額が少ないですが、個別銘柄を買い増したせいで余裕資金も減ってしまったのでしょうがないところではありますね。

この取引の結果については、また8月の初めに公開しようと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク