日本の小型株・優待銘柄の状況【2022年9月】

スポンサーリンク

お疲れ様です、ローンウルフです。

私はアメリカ株を主力投資先としていますが、日本の小型株や優待銘柄にも投資をしています。

日本株の保有状況については3か月に1度報告することとしていますが(3月、6月、9月、12月)、報告月の9月に入ったため、2022年9月11日現在の日本の小型株や優待銘柄の現在の状況を報告したいと思います。

ブログ開始後に購入した日本の小型株・優待銘柄の状況

なお7月1日にシンニッタンを新規購入し、新たに保有銘柄に加わりました。またシンニッタンについては9月7日に買い増しを行いました。

 

それでは現在保有している銘柄を証券会社の口座の画面をスクリーンショットしたものを掲載するのでご覧ください!

 

続いて小型株と優待銘柄の手数料控除後の取得単価と購入した日付のまとめです。

 

また私は昨年の10月15日に余ったNISAの枠を利用していちごホテルリート投資法人へ新規投資し、さらに3月2日と8月10日にNISA枠を利用して買い増しを行いました。その現在の状況についても載せたいと思います。

慎重さは自分を守ると同時に思い切りの悪さにもなる

最後にスクリーンショットを載せたいちごホテルREITですが、相対的にはかなり良好なパフォーマンスを保っています。

TOPIXが年初来でマイナス3.19%、S&P500が年初来でマイナス15.2%と沈む中で、いちごホテルREITは年初来プラス19.26%と非常に高いリターンを上げています(2022年9月11日現在)。

新規投資時はNISAの枠を埋めるために購入したというのが大きいのでまだいいのですが、3月と8月の2回の追加投資ではそれぞれ1口ずつと少額の購入に留まっています。

ここで大胆に行動できる人であればもう少し大きく投資をしていたのかもしれませんが、保守的な行動を取ることが多い私は大きく追加投資することはしませんでした。

こうした保守的な投資スタイルのおかげでバブル状態になっている投資対象に手を出さず大きな損失を避けることが出来ましたが、反対にこうしたチャンス時に思い切って投資することの妨げにもなっていると感じます。

もちろんここから値を下げるかもしれないし、後知恵で相場を語ったところであまり意味がないことかもしれないですけどね。

私の守りを重視した投資スタイルはこのようなプラスの面とマイナス面の両方があるわけですが、今後も守りを重視したスタイルを維持しながらも、時には大胆な投資行動を取れるように学びを続けていきたいと私ローンウルフは考えています。

↓↓↓応援のクリックをして頂けると大変うれしいです(^^)
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサーリンク